更新日:2009年11月


 室戸岬沖には、水深500〜1000mを北東方向に流れる海流があり、室戸岬の陸棚斜面にあたって湧昇しています。
 この湧昇流を高知県海洋深層水研究所では水深320m、344mに設置した取水口から取水しています。

 施設所在地  高知県室戸市室戸岬町
 取水地  室戸岬三津沖2km
 給水開始  1989年4月 〜


原図提供:海洋科学技術センター
■主要施設概要
取水施設
 取水能力  920m3/日(460m3/日×2本)
 取水深度  320m、344m
 取水管  鉄線鎧装硬質ポリエチレン管
 内径 125 mm × 延長 2,650 m
利用・研究施設
 海洋深層水研究所  敷地:8,268,625m2
 本館、研究棟、実験棟他
 海洋深層水共同研究センター  敷地:3,369.8m2
 共同研究棟、ビニールハウス他
 利用研究内容 ・海洋深層水ミネラル調整研究(2004〜2009)
・海洋深層水を利用した施設園芸実証研究(2005〜2007)
・地域特産海藻の培養とその利活用に関する研究(2005〜2007)
・海水スラリーアイスによる氷温貯蔵システムの開発(2006〜2007)

 
イチゴの栽培   海藻の培養
 
海洋深層水共同研究センター外観   海洋深層水研究所外観

 問い合わせ先  高知県海洋深層水研究所
 TEL:0887-22-3136 FAX:0887-23-1253
 公式サイト  http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/151407

 サイトポリシー