■海洋深層水研究(Deep Ocean Water Research)投稿規程
1. 「海洋深層水研究」は海洋深層水利用学会の論文誌として,海洋深層水とその資源利用の研究および技術開発の成果を発表する学術雑誌である.
2. 「海洋深層水研究」は,年1回以上発行し,原著論文,短報,総説,その他からなる.本誌掲載論文の著作権は海洋深層水利用学会に帰属する.論文は1篇が10印刷頁以内とし,超過した場合はページチャージを支払う.
3. 投稿は原則として海洋深層水利用学会会員に限る.但し会員以外の共著者を含むことは差し支えない.
4. すべての論文は2人以上の査読者の審査を経て担当編集委員が採否を判断し,編集委員会が決定する.投稿に際しては,オリジナルの原稿及び図表一組を編集委員長および編集幹事の2件を送付先として電子メールで投稿する.
  ▼論文の送付先
 

編集委員長:東京大学大学院 大内一之
E-Mail:info@dowas.net
編集幹事:東京海洋大学海洋科学部 石井晴人
E-mail:ishii@kaiyodai.ac.jp

(受理後の最終原稿送付先)
編集幹事:東京海洋大学海洋科学部 石井晴人
E-mail:ishii@kaiyodai.ac.jp


5. 執筆要領(「投稿の手引き」参照)⇒ 投稿原稿サンプル.doc
 
1) 原稿は和文もしくは英文とし,ワープロソフトを使用してA4版の白紙に40字×25行になるように入力する.
2) 原稿のはじめには,題名,著者名,所属機関名を記載する.また,それぞれの英訳をつける.図・表の説明は和文もしくは英文とする.
3) すべての論文に,英文の要旨とキーワード,和文の要旨とキーワードをつける.
4) 図・表・写真は原則として,A4判の台紙を使用し,そのまま判下となるように黒インクで明瞭に書く,図・表の横幅は10cmまたは21cmとして投稿することが望ましい.はっきりしたものであれば,白黒コピーでもよい.図・表・写真には番号をつけ,原稿の末尾に付ける.受理決定の後,印刷用の原図を提出する.
5) 数式は上下に1行ずつあけて明瞭に書く.
6) 脚注は用いない.
7) 文献は,本文中では深海(1996),(深海,1995;深海・浅海,1971;Fukami,1996;Fukami and Senkai,1972)のように引用する.著者が3人以上の文献は,深海ら(1970),Fukami et al.(1970)のようにする.
引用文献では,最初の著者の姓のアルファベット順に並べ,次の例にしたがって,別紙にまとめて記載する.
 
a) 論文:
著者名(年号)表題. 雑誌名, 巻, 引用初ページ−終ページ.
 

中川光司・横山嘉人・中島宏・池上良成(2000)海洋深層水のミネラル供給源としての利用. 海深研, 1, 1-11.
Lam, T. J. (1982) Applications of endocrinology to fish culture. Can. J. Fish. Aquant. Sci., 39, 111-137.
Kapraun, D. F., T. K. Hinson and A. J. Lemus (1991) Karyology and cytophotometric estimation of inter- and intraspecific nuclear DNA variation in four species of Porphyra (Rhodophyta). Phycologia, 30, 458-466.
Igarashi, M. (1989) Effect of oxolinic acid on fecal microflora of goldfish. Nippon Suisan Gakkaishi, 63, 345-350 (in Japanese).

b) 単行本:
著者名(年号)書籍の題名. 発行所, 発行地, 引用ページ.
引用ページについて,単一ページは「p. 123」,複数の場合「pp. 15-20」のように記す.また全ページ引用の場合は「105 pp.」とする。
  吉田秀樹(2000)よくわかる海洋深層水. コスモトウーワン, 東京, p. 223.
Harvey, B. J. and W. S. Hoar (1979) The theory and practice of induced breeding in fish. IDRC-TS21e, Ottawa, Ont., pp. 48-50.
Sverdrup, H. U., M. W. Johnson and R. H. Flemming (1942) The Oceans. Prentice-Hall, Englewood Cliffs, N. J., 1087 pp.
分担共著者の場合
著者名(年号)表題. 書籍の題名 (編者), 発行所, 発行地, 引用ページ.
  杉ノ原伸夫(1991)世界の海の水の循環. 海と地球環境 (日本海洋学会編), 東京大学出版会, 東京, pp. 62-76.
Rechards, F. A. (1965) Chapter 6, Dissolved gases other than carbon dioxide. In “Chemical Oceanography, Vol. 1.” (ed. By J. P. Riley and G. Skirrow.), Academic Press, London and New York, pp. 197-225.
6. 投稿論文が受理された時は,下記2点を電子メールで編集幹事に提出する.
電子メールでの提出が困難な原図,原表は郵送で提出する.
 
1) 最終原稿1部.
2) 原図(写真を含む)・原表とそれらの説明.
7. 海洋深層水研究に掲載された論文は,PDFファイルを筆頭著者(あるいはコレスポンディングオーサー)に無料で送付する.別刷を希望する場合は,別途申込を受け付ける.別刷の印刷料および送料は,著者の負担とする.料金は,ページ数,表紙の有無,およびカラー印刷ページの有無による.
8. カラーの写真や図の印刷は著者の実費負担とする.A4判1頁で約10万円.

(2000年11月制定) (2006年 5月改定) (2016年 3月改定)
(2004年12月改定) (2010年11月改定)
(2005年10月改定) (2015年 3月改定)
 サイトポリシー